妊娠検査薬の感度について知って適切に使い分けよう!

妊娠検査薬は、hCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)に反応して妊娠しているかどうかを判定します。

妊娠した体ではhCGが分泌されるようになり、生理予定日から一週間経過してから本格的に増量します。

その時期が、妊娠検査薬を使うのに最も適した時です。

ふさわしい時期に検査をすると、多くの妊娠検査薬が示しているように、99%以上の正確さで妊娠判定結果を出すことができるはずです。

通常タイプの妊娠検査薬は、増量したhCGに反応します。そのため、

生理予定日から7日以内の時点ではhCGの分泌量が足りず、もし妊娠していたとしても陰性の判定を出してしまうことがあります。

このような判定ミスを避けるために、妊娠検査薬の使用を『生理予定日から一週間以上経った時』に合わせるか、一週間経過した頃に再検査できるよう何回分かまとめて妊娠検査薬を買っておくなどの対策があります。

しかし、中にはできるだけ早く判定結果を知りたくて、いわゆる『フライング検査』になりがちな人もいます。

妊娠検査薬のイメージフライング検査とは、まだ十分なhCGが分泌されていないにも関わらず妊娠検査薬を使うことです。

そこで、フライング検査にも適応できる『早期タイプ』の妊娠検査薬が販売されています。

通常タイプと早期タイプの妊娠検査薬の違いは、感度設定にあります。

感度の違い、そしてその違いが何に影響するのかについて知った上で、上手に妊娠検査薬を使ってみましょう。

 

妊娠検査薬の感度は妊娠判定を左右する(50IU/Lについて)

悩む女性薬局などで販売されているほとんどの妊娠検査薬の感度は、50IU/Lの濃度のhCGホルモンに反応するよう作られています

なぜかというと、妊娠5週目になる頃にはすでに100IU/L以上のhCGが分泌されているからです。

そしてちょうどこの頃に、増量したhCGは尿へ混じって排出されるようになります。

なので、このタイミングで検査するとはっきり「妊娠している」という判定結果が出る、という仕組みになっているのです。

妊娠検査薬の感度は、hCGの濃度をどれだけ感知するかを表しているものです。

hCGホルモンは、最も多く分泌されている時期になると100,000IU/L以上の濃度に到達します。

その時期になると、胎児を育てるための環境準備がどんどん体内で整えられていきます。

自分の体の変化を自覚するためにも、ちょうどhCGが一気に増え始める前の50IU/Lという数字が重要です。

 

少し感度が良い妊娠検査薬の活用方法とは?(25IU/Lについて)

悩む女性では、通常タイプとは違う感度を持つ早期タイプは、どれぐらいの感度数値に設定されているのでしょう。

早期タイプの妊娠検査薬は、本来の妊娠判定にふさわしいタイミングより早い段階で使用されるものです。

そのため、まだ初期段階である少量のhCGでも、感知できるような仕組みであることが重要になります。

この要望に応えるために、早期タイプ妊娠検査薬の多くは、25IU/Lという感度で作られています。

妊娠して間もない頃に体内で分泌されているhCGは、ごくわずかの分量です。

妊娠4週目になると、20IU/L以上のhCGが分泌される状態が当たり前になり始めます

早期タイプの妊娠検査薬を使用するちょうど良いタイミングは、生理予定日の当日から一週間までの期間を指すことが多いです。

フライング検査をする人の多くは、この期間に妊娠検査薬を使いたいと考えるでしょう。

早期タイプの感度なら、早く結果を知りたい事態にも対応できます。

 

さらに感度が良い妊娠検査薬はあるのか?(10IU/Lについて)

悩む女性早期タイプの妊娠検査薬は、25IU/LのhCG濃度も感知できる感度であることを説明しました。

調べてみると、さらに感度の良い妊娠検査薬が存在していることがわかりました。

それはドイツの妊娠検査薬です。

ドイツの早期タイプ妊娠検査薬の感度は、10IU/LのhCG濃度を感知するようになっています

10IU/Lの濃度にあたるhCGは、妊娠3週目あたりからすでに分泌されています。

つまり、最終生理が終わってから次の生理が始まる直前の期間です。

この早期タイプ妊娠検査薬の場合、生理予定日より前の日にちに検査をするのがちょうど良いみたいです。

ちなみにドイツの妊娠検査薬は、通常タイプでも25IU/Lの濃度を感知する感度を持っています。

日本の妊娠検査薬でいう早期タイプの感度です。

日本の早期タイプよりも早い段階で使用できるので、生理予定日を待たずに検査したいという人には活用しやすい妊娠検査薬です。

ドイツの妊娠検査薬は、海外から商品を取り寄せるという方法で購入ができるので、気になる人はトライしてみていいかもしれません。

 

感度を表す単位のIU/LとmIU/mLの違いは?

悩む女性実際にいざ妊娠検査薬を買おうと思ったら、50や25などの感度数値は気にせず、早期タイプか通常タイプかの違いさえわかれば問題はないかもしれません。

妊娠検査薬の感度は、医 品説明文書やパッケージに表記されていることが多いです

この表記を見ると、妊娠検査薬のメーカーによって違いが確認できることがあります。

妊娠検査薬の濃度の単位表記は統一されているわけではないので、メーカーによってこのような違いが生じたりするのです。

例えば

日本製の通常タイプ妊娠検査薬であれば『50IU/L』と『50mIU/mL』という表記の違いです。

この2つの単位ですが、実はどちらも同じ分量を表しています。

IU/Lは1L中に含まれる物質の量、mIU/mLは1mL中に含まれる物質の量を表す単位です。

意味するものが同じであることさえ覚えておくと、購入の際に迷わずにすみます。

単位ではなく感度数値の違いに着目して、自分に1番合った妊娠検査薬を選べるようにしましょう。

 

妊娠検査薬を感度別に使い分ける

妊娠検査薬の感度にどんな違いがあるのか、何に影響するのかわかったところで、感度の違いを十分に活かした妊娠検査薬の使い方についてです。

50IU/Lはより確実な結果を知りたいときに

50IU/Lの感度を持つ通常タイプの妊娠検査薬は、生理予定日から一週間以上が経過した時に使用します

「今月の生理が少し遅れている」と、感じたタイミングでちょうど検査することができます。

生理予定日から一週間以内に検査すると、通常タイプの感度では正しく判定できない恐れがあります。

メリットとしては、hCGホルモンが増量している頃に検査をするので

陽性判定の正確さは特に高いといえるでしょう。

通常タイプは商品展開が1番多く、選択肢がいくつもあります。

25IU/Lは少し早めにある程度信頼できる結果がわかる

25IU/Lの感度を持つ早期タイプの妊娠検査薬は、生理予定日の当日~一週間の期間で使用できます

デメリットは、

通常タイプの50IU/Lに比べて正確さが低いということです。

メリットは、生理の期間が過ぎるのを待たなくても、すぐに検査して判定を知ることができるという点です。

10IU/Lは少しでも早く妊娠の有無を知りたい場合に

10IU/Lの感度を持つ早期タイプの妊娠検査薬は生理予定日の数日前に検査することができます

デメリットは、海外製の商品なので他の妊娠検査薬よりも購入に手間がかかることです。

また感度が良い分、

生理予定日に検査が間に合わなければ、一気に正確さが下がるという点も挙げられます。

メリットは、フライング検査にも対応できることです。

タイトルとURLをコピーしました